内科求人ランキング

内科医の1日

内科医の業務内容

所属している医療機関によって業務内容は細かく変わってきますが、一般病院で勤務医として働く内科医の場合、診察室で外来患者の診察を行い、必要に応じて検査や薬の処方などを行う外来業務、入院室で入院患者の診察を行い、必要に応じて検査や点滴の処方や病気の経過の説明などを行う病棟業務などが基本的な通常業務となります。内科で行われる検査は血液検査、心電図検査、脳波検査、内視鏡検査、透視検査、エコー検査などが代表的です。外来患者や入院患者の診察が終わった後は、病気の経過や対応などについてカルテに記入していきます。

病棟施設がある病院では当直が必要であり、内科医の当直担当者が毎日最低一人は必要になります。通常業務に加えて当直業務がある場合、朝から通常業務に入って夜に当直業務に入り、次の朝にまた通常業務に入るということもあります。労働環境が過酷な医療機関においては、三日間連続して働き通しということもあるようです。

病院施設がない病院では当直の必要がありませんが、だからといって仕事が少ないというわけではありません。人手が少ない中、朝から晩まで外来診療をこなしつつ、検査や処置を平行して行うというのはかなりの重労働です。訪問診療を行っている場合、患者の自宅へ一件一件足を運ぶ必要があります。対応できない患者については他所の医療機関を紹介することもできますが、どこの病院も対応に追われているというところがほとんどのようです。また、開業医は患者だけを診ていればいいというわけではなく、経営状況も常に見ておく必要があります。

医師の勤務時間

内科医を含め、医師の勤務時間は法律で定められています。まず、労働時間は週間八十時間以内であり、連続勤務は二十三時間未満であり(ただし、教育活動や受け持ちの患者の治療のためならば最大六時間までこれに加算することができる)、勤務から次の勤務までの間隔は最低でも十時間は空けなければならず、七日間に最低でも一日は休日を取得しなければならず、病院の当直業務は三日に一回よりも多くなってはならないというものです。

これを見る限りでは大して辛いこともないように思えますが、上述した通り、法律の労働規則と実際の勤務時間は乖離しており、実際にはほとんどの医師が過酷な労働環境での労働を強いられています。しかし、近年では医師の労働環境改善に向けての動きが強まっており、労働環境の整備に力を入れている医療機関も増えてきているようです。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.