内科求人ランキング

内科医の適性(向き・不向き)

医師にとって必要なもの

内科に限った話ではありませんが、医師として職務を全うするためには仕事に対する使命感が大切です。医師の仕事は他人の命を預かるものであり、誤診や医療ミスがあった場合、人生を左右するほどの取り返しのつかない損失が生じる可能性もあります。

また、医師には勤勉さも必要です。医療技術は日進月歩であり、常日頃から新しい治療法が編み出されたり、古い治療法が改められたりしています。そのため、医師は大学を卒業した後も、研修を修了した後も、医師として働き続けるためには勉強に取り組む姿勢を忘れてはいけません。

その他、医師には体力と精神力も必要になります。現代の医療業界は人手不足が深刻化しており、ほとんどの医療機関が患者の対応に追われているという状況です。夜勤が重なったり、自宅に帰れないといったことが繰り返されることもあるでしょう。そうした過酷な労働環境で働き続けるためには、やはり基本的な体力と精神力がなければなりません。医者の不養生という言葉もありますが、しっかりと体調管理を行うことも大切です。

内科医の適性とは

内科と一言に言っても、内科で取り扱う疾病は感染症、アレルギー性疾患、血液疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、神経系疾患、消化器系疾患、内分泌腺疾患、泌尿器疾患、性病、中毒など、極めて広範囲に及びます。研修医の臨床研修期間において、それぞれの診療科の研修期間は最低一ヶ月とされていますが、内科の研修は六カ月以上受けるのが望ましいとされています。これは他の診療科と比べて、内科の診察において求められる知識量が膨大だからです。

内科で取り扱う疾病は広範囲に及ぶため、実際の臨床現場においてはさまざまな患者を診ることになります。そして、血液検査や心電図検査などで病名がはっきりしない場合、内科医は自らの知識と問診を頼りに病理診断を行わなければなりません。患者の中には自身の不調を具体的に説明できるという方もいれば、曖昧な説明しかできないという方もいるでしょう。そのため、内科医には患者の表情や言葉から疾病の原因を見極める分析力、注意力、観察力も必要になります。

また、正確な病理診断のためには、患者が緊張することなく自身の不調について話してくれるような関係作りも大切です。内科は生活に根差した診療科であり、近所のかかりつけ医として利用する方も少なくありません。病理診断において問診が判断基準になることも多いので、内科医は医師の中でも特にコミュニケーションスキルが求められるといえるでしょう。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.