内科求人ランキング

内科医になるには

最短でも8年

内科医になるには最低何年かかるのでしょうか。 まず大学の医学部で6年間の医学課程を修め卒業した後に厚生労働省が行う医師国家試験に合格して医師免許を取得しなければなりません。
更に医師免許を取得した後、最低2年間の臨床研修を受けなければいけません。 臨床研修では1年目で内科・外科・救急部門(麻酔科を含む)を回ります。 2年目になると小児科・産婦人科・精神科・地域保健、医療と回っていきます。 それぞれの科で最低1ヶ月以上は研修を受けるようにとされていますが、特に内科は6ヶ月以上の経験が望ましいといわれています。
全ての科を回り切った後希望する科で研修を受けることができ、必修研修を終えた後には希望する科で働けるようになります。
出身大学の大学病院に勤務しに行くこともありますが、一般の病院で就職する選択肢もあります。 こうみてみると、医師になるには最短でも8年かかるのです。 しかしこれは最短で、なので大学で留年してしまったり国家試験に通らなかった場合はもっと長い月日が必要になってきます。

内科が扱う器官

一口に内科といっても更に細分化されています。 内科で扱う疾病を分類してみると、感染症・循環器疾患・神経系疾患・消化器系疾患・血液疾患・呼吸器疾患・内分泌腺疾患・泌尿器疾患・アレルギー性疾患・性疾患・新陳代謝疾患・膠原病・中毒と、非常に範囲が広いことが分かります。 そのため臨床研修期間に内科は6ヶ月以上の経験が必要だとされるのです。 これだけの範囲を網羅するわけですから1ヶ月じゃ足りないのも理解できますね。

向いている人

内科に限らず、医師は使命感が大事になってきます。 患者のために臨床と勉強に取り組む努力が続けられるかがカギだと思います。 免許を貰い病院に勤務することになったら終わりではないからです。 働き始めてからも日々進歩していく医療の世界に追い付くために勉強を欠かさず出来る人が望ましいです。 また、患者さんのちょっとした変化も見逃さない注意力・観察力も大事です。 急に変化が起きた場合にも冷静な判断をでき、行動できることも大事です。 他の医師や看護師と協力して患者さんを回復に向かわせられるようにできるとよいでしょう。 後は肉体的にも精神的にもタフでなければなりません。 毎回違った患者さんを相手にし、更にその患者さんの状態を正確に判断して現在の状態を説明し不安を取り除いてあげられる、そんな人が医師に向いています。 こうあげてみると、求められているものがかなり多いのが医師ということになります。 ハードな仕事である上に様々な状況を乗り越えられる人が求められています。 でもまず一番には「人に優しくできるか」ではないでしょうか。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.