内科求人ランキング

医者の忙しさ

内科医の方が楽で外科医の方が忙しいのではないか?と思われがちですが、そんなことはありません。 病院や患者による場合もあります。 外科医は手術などに神経と体力を使いますが、術後の経過を見るだけだったらその後の仕事はさほど多くありません。 とはいえ通常の業務もありますので、全くの暇になるというわけではありません。(有名な医師で手術の依頼がひっきりなしだったりする場合は忙しいですが。) 一方で内科医は手術のような大仕事が毎回あるわけではないですが、時間のかかる検査を何個もしたり、手術をしても手遅れのような癌の患者さんを診たりもしますから、一人ひとりの患者さんへの手間が小さいわけではないのです。 内科では手術ができる外科の患者さんよりも、全身の状態が悪い患者さんを診ますから無くなる確率が高いと言えますので、精神的には外科と同じくらい消耗しています。 しかし救急患者の受け入れが頻繁に行われる病院や緊急手術が多い病院なんかでは夜中に急に呼び出されて手術をしなくてはいけない外科医の方が負担はあります。 内科医も深夜に呼ばれることがないというわけではなく、何時間も処置しなければいけないものなんかがあります。 外科だから、内科だからといって忙しさが変わるわけではありません。

問題点

勤務医の週の労働時間は平均59時間といわれています。一睡もできずに32時間の連続勤務をしたりしているのが日本の現状です。 休憩時間が全く取れなかったり、宿直明けも激務が続いたりしている医師が8割以上もいるそうです。 時間外労働時間の月の平均が62.9時間で、3割を超える医師たちが過労死のラインである80時間以上なのです。 こうした問題がはびこっているので、医者の過労死や自殺という話が徐々に目立ってきています。 大抵亡くなってしまうのは、自分がやらねばという責任感の強い人、自分は体が丈夫だからとなんでも引き受けてしまう人、人に頼みごとをされると断れない人たちです。 現在の医療事情という問題もありますが、コンビニ受診(一般的に外来診療をしていない休日や夜間の時間帯に救急外来を受診される緊急性のない軽症患者のこと)なども原因の一端とされています。 「平日休めない」「日中は用事がある」「明日は仕事がある」などの理由から、本来は重症患者を受け入れているはずの救急外来を受診し、更には専門医による高度な診療を希望したり、その場で結論が出るようにと夜間は行っていないような精密検査を要求してきたりするのです。 それらの要求を断るとモンスターペイシェント(自己中心的で理不尽な要求をしたり、暴言・暴力などを繰り返す患者)と化したりして余計医者の苦痛が増えているのです。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.