内科求人ランキング

内科医のキャリアプラン

内科医になるには

医師になるためには大学の医学部で六年間の医学過程を修め、卒業後に医師国家試験に合格して医師免許を取得する必要があります。医師免許取得後は最低でも二年間の臨床研修を受けなければなりません。臨床研修では一年目は内科、外科、麻酔科を含む救急部門を回り、二年目では小児科、産婦人科、精神科、地域保健を回り、最低一か月間は全ての診療科で研修を受けます。全ての診療科で研修を受ければ、希望する診療科で研修を受けることができます。なお、内科医は求められる知識量が多いので、最低でも半年以上研修を受けるのが望ましいとされています。

このように、一昔前まで医学部卒業後は出身大学の医局で臨床研修を受けるのが当たり前でした。医局に所属している場合、国家試験合格後は初期研修医として二年間研修を受け、後期研修医として二年から三年ほど実務経験を積み、その後は大学院に進学し、博士号を取得し、関連病院に医長という待遇で出向するというのが一般的な医師のキャリアプランです。

初期臨床研修制度

2004年に初期臨床研修制度が制定され、医学部卒業後に出身大学の医局に残るのか、一般病院に就職するのか、進路を選択することができるようになりました。

医局に残っていれば、年数に応じてキャリアアップをすることができますが、高収入や高待遇はあまり望めません。役職に就くことができるのはほんの一握りであり、そのためには上司に媚びへつらったり、他人を蹴り落としたり、高医師としての知識や技術とは別に立身出世のための能力が必要になってきます。

医局を出て一般病院に就職すれば、そこは実力主義の世界となります。現在、医学部を卒業した医師の半数程度が一般病院への就職をしているとされています。つまり、医師の半数が自らキャリアプランを形成することを希望しているということです。実力さえあれば、医局を出た方がキャリアアップが早くなることが多いです。

資格について

内科と一言に言っても、血液内科、心療内科、心臓内科、腎臓内科、神経内科、呼吸器内科、循環器内科など、診療領域は多岐に渡ります。あらゆる患者の診察を行う総合内科というものもありますが、まずは希望する診療科の専門性を磨いて資格取得を目指した方がいいでしょう。キャリアアップを考えるのであれば、資格取得は必須となります。医師の資格は大きく、学会から認定された登録医、高度な知識と技術を持つことを学会から認定された認定医、認定医よりも更に高度な知識と技術を持っていることを学会から認定された専門医、認定医や専門医を指導できる指導医の四つに分けられます。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.