内科求人ランキング

内科医の採用基準

内科医に関する求人数は全国的に増加傾向にあるとされています。そして求人への応募があった場合、採用を行う病院側は「面接」と「小論文テスト」を実施し、そこで主に3つのポイントを確認します。

1つ目は「実務経験の内容」です。例えば総合内科は他の専門内科へとつながる「ハブ」のような働きがあるため、そこで内科医として勤務する場合には幅広い知識と的確な判断力が不可欠となります。この業務を円滑に行うためには各臓器の働きや様々な疾患とその症状に精通している事が必要であり、そのためには多様な症例を数多く扱って経験を積んでいることが求められるわけです。専門内科に転職しようと思う場合も同様です。例えば腎臓内科のある病院に転職しようと思う場合には人工透析の実務経験が不可欠であり、その経験年数と症例数なども必ず確認されます。もし転職を有利に進めたいと思うなら、一定の経験と実績を証明するものとして「専門医」の認定を目指すのも良いでしょう。

2つ目のチェックポイントは「コミュニケーション能力」です。内科医の主な業務の1つとして「外来」があります。そこでは患者からの説明を聞いて病状を的確に判断するだけでなく、これから行われる医療処置や処方する薬に関して分かりやすく説明することも求められます。中でも特に高いコミュニケーション能力が求められるのは心療内科で勤務する医師です。心療内科では患者と会話しながらメンタルの状況に関する診察を行います。また同時に会話を通して治療の方向性を探していくことも求められるのです。こうした理由から多くの病院は内科医の採用試験を実施するに当たり、とりわけ面接に十分な時間をかけて人間性や会話の技術などを判断します。

3つ目は「仕事に対する熱意があるか」という点です。特に面接において採用担当者は「意欲や上昇志向があり、仕事に前向きに取り組む姿勢を示しているか」を確認します。「医師という仕事を選んだのはなぜか」「以前の職場を辞めたのはなぜか」といった質問に対し、どのような回答をするかがポイントとなります。たとえ内科医として高い技術や実績を持っていたとしても、仕事への情熱や患者を助けることに対する思い入れが無いと判断された場合、採用されることはまずありません。一方経験年数がそれほど長くない場合でも謙虚に学ぶ態度があり、かつ医師という仕事に情熱を持っている場合には「ポテンシャルのある人材」として採用されることが多いのです。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.