内科求人ランキング

内科医と志望動機

内科医の志望動機

病気や怪我をした時、ほとんどの患者がまず最初に足を運ぶのが内科です。内科医は患者の病気や怪我に対して的確な病理診断を行い、適切な初期治療を行うことを目的とした診療科です。風邪、頭痛、腹痛、ちょっとした擦り傷や切り傷など、症状が比較的軽度であれば内科医が治療を行いますが、症状が重度であったり、重大な病気が隠れている可能性があると判断した場合などは他の専門家への紹介を行います。これも内科医の重要な役割の一つです。

患者が抱えている疾病は検査をすれば一発で原因が分かるようなものもあれば、検査をしても原因が分からないものもあります。内科には原因が分からないのに不調が続いている不定愁訴に悩まされている方も多いです。そうした患者の症状を改善に向かわせるためには、医学に関する知識や技術はもちろんのこと、患者との問診を通じて不調の原因をはっきりさせる分析力、注意力、観察力なども重要になってきます。

内科医は近所のかかりつけ医として利用する方が多いので、コミュニケーションスキルも重要です。志望動機を作成する際には、こうした内科に求められる特性について言及し、アピールできるエピソードなどがあれば盛り込んでおくことをおすすめします。

また、内科医は地域医療を支える要となる存在です。地域社会への貢献度が高い診療科なので、そうした観点から志望動機を作成するのもいいでしょう。

他の診療科から内科へ転科する場合

他の診療科で医師として勤務していたものの、内科に対する興味が大きくなり、内科への転科を志すという方も少なくありません。内科は仕事が忙しいですが、現役医師がもっとも多い人気の診療科でもあります。

どのような診療科においても、内科的な診断を求められる場面は少なからずあります。研修課程で必ず内科の研修を受けなければならないということもあり、外科医として長年勤務していたからといって、内科医としてまったく評価されないということはありません。内科での勤務経験がなかったとしても、内科の知識と技術に自信があるのであれば積極的に志望動機に取り入れるなどしてアピールした方がいいでしょう。

また、内科ではさまざまな患者の病気や怪我を対応することになるため、他の診療科で磨いた専門性も活かすことができます。これまでの経験や実績を踏まえ、それを内科という診療科でどのように活かすことができるのかについて伝えることも重要です。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.