内科求人ランキング

内科医と資格

内科には「総合内科」の他に「消化器内科」や「腎臓内科」など様々な専門分野があり、スキルアップや医師としてのキャリア向上を目指す人たちは各分野の「専門医資格」を取得しようと努力しています。総合内科で働く医師たちがまず目指すのは「認定内科医資格」と「総合内科専門医資格」です。

「認定内科医資格」は日本内科学会が認定する資格で、資格試験は毎年7月もしくは8月に実施されます。受験資格としては「臨床研修を2年受けていること」や「内科の臨床経験が3年以上あること」、また「学会の定める研修を受講していること」などが挙げられます。この資格を持つことで「学会の定める一定基準をクリアした知識と経験を持つ内科医」ということが保証されます。

「総合内科専門医」も同じ日本内科学会が認定している資格です。ただしこれは内科医としての上級資格であり、受験資格や資格取得は非常に難易度が高くなっています。「認定内科医」として一定期間の実績を持ち、さらに学会が定める研修を受講して10の医療分野に関わる試験に合格することが求められています。また学会における論文の発表実績があることや、特定の症例に関する治療実績があることなども証明する必要があり、内科医として相当のキャリアが求められることがわかります。

総合内科資格の他にも、学会によって認定されている資格は複数存在しています。例えば循環器内科で勤務している医師たちが目標とするのは「循環器専門医」です。これは日本循環器学会が独自に認定している資格で、「循環器のエキスパート」であることを保証するもので、試験は年に1回実施されています。受験資格としては医師免許を保有している事の他に「循環器内科」で6年以上の臨床経験を持っている事が求められています。また学会が指定する教育施設で一定期間研修を受け、優秀な成績を収めることも必要です。

別の認定資格として「老年病専門医」があります。これは高齢者に対する医療のエキスパートを育成するために始められた認定資格で、内科医学会に登録している事の他に日本老年医学会の規定する医療施設で少なくとも3年研修を受けている必要があります。高齢化が進む現在の日本において高齢者へどのように適切な医療を選択・提供するかは難しい課題であり、この分野のエキスパートであることを証明する「老年病専門医資格」は近年大きな注目を集めています。その結果この資格取得を目指す内科は年々増加しているとされています。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.