内科求人ランキング

内科医の定年

「医師」の国家資格は更新制ではないため、自主的に国への返納手続きを実施する、もしくは深刻な医療事故を引き起こして免許が停止されるのでない限り、医師としての資格が失われることはありません。これは内科医であっても外科医であっても同様です。むしろ年ごとに医師としてのキャリアや経験は積み重なるので、60代を超えたとしても「貴重な戦力」としてみなされることがほとんどです。ただし年齢を重ねていく上で「定年制度」に直面するケースはあります。

例えば国立の病院や市立・県立の病院で内科医として働いている場合、医師は「公務員」という扱いになるため、60歳を迎えた時には「定年退職」となります。また私立の病院で勤務医として働いている場合にも、病院内の規定に基づき60歳や65歳になって「定年退職」することがあります。ただし私立病院で優秀な内科医として勤務しており、院長や理事長などの経営陣が「この人材を手放すには惜しい」「若い医師たちに手本を示してほしい」といった判断を下した場合には特例として引き続き勤務できるケースもあるようです。また内科医として自分のクリニックを経営している場合には当然定年制度の影響を受けることはありません。

また勤務医として定年を迎えたとしても、仕事が無いわけではありません。むしろ定年を迎えた内科医をぜひ採用したいという求人は数多く、再就職は比較的容易であると考えてられています。特に多いのが「介護施設」の求人です。

特別養護老人ホームなどの介護施設では常に医師を常駐させており、緊急事態が生じた場合迅速に対処できるようにしています。とはいえ、ほとんどの入居者は比較的安定した健康状態にあるため、こうした施設で働く医師の主な仕事は定期的な健康診断の実施と管理です。そのため大半のケースでは問診のエキスパートである「内科医」を募集しています。ただしホームに入居している人の中には若い医師から診察を受けることに拒否反応を示す人もいるため、大抵の養護施設では50代以上の医師を募集しており、定年を迎えた内科医も数多く就業しています。

他に内科医が再就職しやすい職場としては、企業の医務室で働く「産業医」や、私立病院やクリニックで勤務医のサポートを行う「非常勤医」などがあり、雇用待遇も非常に良い求人が数多く見られます。このように内科医はたとえ定年を迎えたとしても現役で働き続けることが可能な数少ない職種ということができるでしょう。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.