内科求人ランキング

内科医と自己PR

就職や転職を希望する際に採用の合否を決めるポイントとなるのは「面接」とその際に行う「自己PR」です。内科医の募集に申し込んだ場合も同様で、面接担当官に良い印象を与えることにより「有用な人材」と見てもらうことが不可欠です。

内科医の採用面接において重要なのは「ポジティブな話し方をすること」と「謙遜であること」です。例えば転職を希望している場合には「なぜ以前の職場を退職されたのですか」という質問が必ずなされます。その際、もし退職の理由がいじめやパワハラ、給与待遇への不満などである場合には、「ストレスの多い職場だったから」というようにできるだけ簡潔に説明して、ネガティブなことを長々と言わないように注意する必要があります。そうすることにより「批判的な人」「トラブルメーカー」という印象を持たれずに済むからです。むしろ以前の職場で得られた大切な経験や医師という仕事への情熱、また患者さんをサポートすることから得られている喜びなどを積極的に語る方が良いでしょう。

とはいえ、内科医としての経験や実績を語り過ぎて自慢話のようにならないようにすることも肝要です。例えば「専門医認定」を受けている場合には、履歴書にその旨を記載しておき、面接官から尋ねられてから詳しく答えるようにする方が良いでしょう。

自己PRのポイントは「自分が病院でどう役立つのかを明確にすること」です。「自己PRをお願いします」と言われた時に、「精一杯頑張ります」「お役にたてるよう精進します」といった漠然とした表現を使うことはまったくPRにならず、マイナス評価になりやすいと言われています。むしろ自分が内科医としてどのようなスキルを磨いてきたのか、それが病院にとってどのようにプラスになるのかをはっきりと伝える必要があります。そのためには病院の「理念」や医療に対する取り組みを事前にきちんと理解しておくことが肝要です。必要であればこれまで取り組んだ症例に関して幾つか具体的に説明できるようにしておくのも良いでしょう。特に応募者が内科の専門医認定を受けている場合には、かなり詳しく質問をされるケースが多いようです。

中には「自分についてたくさん知ってもらい、できるだけ良い印象を持ってもらおう」という思いから、1つ1つの質問に対して長々と答えてしまう人もいます。残念ながらそれは逆効果になることが多く、むしろ簡潔ながらも分かりやすい返答をする方が「明るく接しやすい」という良い印象を持ってもらえるはずです。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.