内科求人ランキング

内科医は不足している?

小児科や婦人科で働く医師が不足しているという報道がメディアで頻繁に取り上げられています。その一方で内科医に関しては「十分に足りている」というものと「まったく足りていない」という相反する意見が異なるメディアによって取り上げられているため、医学生の中には「内科医を目標とすべきかどうか」で悩んでいる人も多いようです。現状を正しく理解するためのポイントは「内科医業務の大変さ」と「2つの分野における医師の偏在」です。

全国で内科医として勤務している人の数はおよそ6万人余りとされており、これは数ある診療科の中でも最も多い数字です。2番目に多い整形外科医の数が2万人を少し上回る程度であることを考えると、内科医の数がどれほど多いかが容易にわかります。とはいえ、内科は診察する患者数も圧倒的な数値を誇り、他の診療科とは比べ物になりません。実際多くの人は体調が悪くなると「とりあえず内科の先生に診てもらおう」と考えるため、一般内科や総合内科で医師として働くことは大変な激務とされています。そのため体調を崩して離職してしまう人も多く、人手不足になった病院は内科医の募集を行う、ということが各地で起きているのです。

また地域ごとに内科医が偏在していることも問題をより深刻なものとしています。東京や徳島、京都や福岡といった自治体では医師の不足がほとんど報告されていない一方で、千葉や茨城、埼玉では医師不足が顕著であり、特に埼玉では人口10万人当たりの医師数が東京のおよそ半分という深刻な状況が見られています。こうした不均一な状態が存在しているため「日本で内科医は十分足りている」という誤った認識が生まれていると考えられています。

内科には「一般内科」や「総合内科」の他に「腎臓内科」や「呼吸器内科」など様々な専門の科があります。一般内科や総合内科で働く医師の数は比較的安定して推移しているものの、神経内科や心療内科、血液内科で働く医師の数は非常に少なく、また新たに医師となった人でそれらの科を選択する人も減少してきています。ただし神経内科は脳卒中や神経異常、血液内科は悪性リンパ腫などの治療に関する専門家であり、こうしたエキスパートが減少していくことは日本全体の医療水準が低下していくにも繋がりかねないという懸念が持ち上がっています。

これらの理由から、国内では現在内科医が大いに必要とされており、また専門的なスキルを持つ医師の育成が急務とされています。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.