内科求人ランキング

救急の内科医求人

内科医は救命救急に欠かせない存在

内科医は外来診療や入院診療などの他、救急搬送された患者の初期治療も担当します。内科医は救命救急に欠かせない存在であり、ほとんどの病院の救命科には内科医、またはそれに準じる知識と技術を持った医師が在籍しています。

救急の内科医の勤務時間

救急の内科医の勤務時間は長く、早朝から深夜にかけて、24時間体制で勤務しているという方が多いです。勤務を終えた後、基本的に翌日は丸一日休みになりますが、人手不足が深刻な病院ではそのまま翌日の通常業務に入るということもあるようです。

24時間体制の勤務では途中で2回ほど食事休憩を挟み、6時間から8時間の仮眠休憩を取るのが一般的ですが、もちろん救命救急の要請があればすぐに出動しなければなりません。ゆっくりと休む時間が取れないことが多いため、救急の内科医は体力と精神力が重要になります。また、体調管理にも気をつけておかなければなりません。

救急の内科医の給料

救命救急に関わる医師は仕事が忙しいにも関わらず、給料は大して高くありません。平均年収は1,000万円程度であり、一般的な内科医の平均年収と同程度となっています。仕事の忙しさ、給料の安さから救命科に入ることを希望する医師は年々減少にあり、それが人手不足に拍車をかける原因となっています。

救命科で内科医として働くのであれば、仕事の忙しさは覚悟しておいた方がいいでしょう。ただ、近年では救命医の労働環境の整備に力を入れている病院も増えてきているようです。地域医療の模範であることを求められる中核病院は比較的働きやすいところが多いです。

救命救急の醍醐味とは

救命科は死に瀕している患者の命を取り扱う診療科であり、医学の原点であるとも言えます。そうした環境に身を置くことで医師としての成長を目指すことができます。また、救命救急は短時間で結果が出るという性質上、患者の命を救った実感が得やすく、やりがいを得やすいものでもあります。

通常、内科医が相手にするのはちょっとした病気や怪我を抱えた患者がほとんどですが、救急の内科医は重篤患者や重症患者を数多く相手にすることになります。一般の内科医では積めない経験を積むことができ、専門的な技術や知識を磨くことが可能です。若い内科医は将来を見越し、救命救急に携わるのもいいかも知れません。救命科で長期勤務した経験があれば、ほとんどの病院で第一線級の活躍をすることができるでしょう。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.