内科求人ランキング

20代向けの内科医求人

医師というと、一般的には年収1,000万円くらいならば簡単に達成することができると考えられている職業です。しかし、20代の医師はまだ医師として働き始めたばかりの頃なので、給料はそれほど高くはありません。

通常、医師を目指す方は医学部のある大学に入学し、医学生として六年間勉強を行い、医師国家試験に合格した後は研修生として二年間研修を積まなければなりません。18歳で医学部に入学し、それからスムーズにステップアップしたとしても、医師として本格的に活動できるようになるのは最短で26歳からということになります。

なお、研修医期間中は原則としてアルバイトが禁止ですが、研修先の病院から給料が支払われます。研修医の給与はかつては2万円程度であり、小遣いくらいの金額しか受け取ることはできませんでしたが、国からの指導によって研修医の給与は引き上げられています。私立病院の研修医は特に給与が高く、月収で20万円から40万円の給料を貰えるところもあります。ただし、私立病院は人気が高く、競争率が100倍を超えることも多いです。

医師には当直がつきものであり、当直においては基本的に内科医と外科医が必ず一人は必要になります。内科医として働く以上、当直、夜勤、残業を避けるのは難しいです。そして、20代の若手医師は高齢医師と比較すると、給料や安いにも関わらず労働時間が長いという調査結果があります。一週間における男性の20代後半の勤務医の平均労働時間が85時間程度、女性の20代後半の勤務医の平均労働時間が78時間程度なのに対して、男性の60代の勤務医の平均労働時間は48時間程度、女性の60代の勤務医の平均労働時間は40時間程度となっています。また、内科医は特に仕事が忙しいことで知られる診療科の一つなので、この平均労働時間を超えて働き続けなければならないこともあるでしょう。

新人医師の場合、年収1,000万円が見えてくるのは勤務医としてある程度勤務年数を重ねてからということになります。求人募集を見ても、新人医師に年収1,000万円を支払っている病院はほとんどありません。開業医の場合も多くは借金経営で始めており、開業間もなく年収1,000万円を得られるようなことは滅多にないというのが実情です。

内科は医学の原点とも呼ぶべき存在であり、需要が途絶えることはありません。また、高齢化社会が進む日本においては、内科医の需要は更に拡大していくものと考えられます。将来性がある分野なので、20代の内は仕事の忙しさと給料の安さは甘受した方がいいでしょう。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.