内科求人ランキング

30代向けの内科医求人

研修医、勤務医、開業医などを全て含めた医師の平均年収は約1,000万円とされています。他の職種と比べると高い水準のように思えますが、大学病院に勤務している医師の平均年収はこの平均年収と比べるとかなり低い水準となります。研修医ならば年収は300万円から400万円程度、勤務医ならば年収は20代後半から30代前半までで500万円程度といったところです。そのため、大学の勤務医の多くがアルバイトの掛け持ちをして、給料の底上げを行っています。

医師のアルバイトは割のいいものが多く、時給が1万円を超えるものも少なくありません。アルバイトだけで、毎月数十万円単位の収入を得ることは十分に可能です。また、内科医は数が多いにも関わらず慢性的な人手不足の傾向にあり、アルバイトの求人募集も活発に行われています。大学病院で働きながらまとまった稼ぎを得たいのであれば、医局からアルバイトの紹介を受けることをおすすめします。

医療業界において、後期研修を終えて間もない30代というのは自分の専門や進路を見極めていく分岐点となる時期です。どのような医師を目指すのか、どれくらいの年収を目指すのか、キャリアパスを考える必要があります。

医師のキャリアパスはおおむね、大学病院に残るか、一般病院で働くか、開業するかの三つのルートがあります。大学病院の場合、年収は講師で700万円、准教授で800万円、教授で1,000万円程度です。しかし、大学病院で役職に就くことができるのはほんの一握りであり、出世のために医学とは無関係な分野での努力が必要になることも多いです。

一般病院であれば、5年から10年ほど働けば年収は1,000万円を突破します。部科長に就任すれば1,500万円、院長に就任すれば2,000万円もの年収を得ることができます。一般病院は大学病院と比べると実力主義の傾向が強く、役職に空白があることも多いため、実力さえあれば高収入を目指せます。

診療科によって異なりますが、開業医はかなりの高収入を期待することができます。特に、平均年収が高い眼科ならば3,500万円程度、小児科ならば3,300万円程度、産婦人科や皮膚科や精神科ならば2,500万円程度の年収を得ることが可能です。内科の開業医ならば、年収は2,000万円程度が相場となります。ただし、これはあくまで成功した場合であり、開業はハイリスクハイリターンとなります。開業して間もない内は借金経営をしているというところも多いです。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.