内科求人ランキング

血液内科医の求人

血液内科とは

血液内科医とは血液やリンパに関わる病気(貧血・悪性リンパ腫・白血病・血友病)を専門に診る内科の医者を指します。 内科の中でも呼吸器、循環器、消化器の病気などとはちがって、頻度の少ない病気を担当するので国内でも常勤の専門医がいる施設は700程度しかありません。 しかし取り扱う病気はとても重いものなので、特殊な知識や対応が必要になってきます。そのため専門医に治療してもらう必要があるのです。 診療の対象となる病気をあげますと、鉄欠乏性貧血・巨赤芽球性貧血・赤芽球癆・再生不良性貧血・溶血性貧血などの各種貧血に加え、骨髄造血不全と前白血病状態両者の側面を併せ持つ骨髄異形成症候群・急性(または慢性)白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫・原発性マクログロブリン血症を中心とする造血器悪性腫瘍・真性多血症・本態性血小板血症・原発性骨髄線維症などを包括する慢性骨髄増殖性疾患・無顆粒球症・血小板減少性紫斑病や凝固因子異常症などきわめて広範囲に及んでいます。 血液内科医の求人を探す場合はこの科を取り扱っている病院もしくはこれらの病気を何度も治療したことある病院・施設を探すようにするとよいでしょう。

白血病とは

●原因とされているもの
・放射線(X線)
放射線の大量被曝は白血病の原因となりえます。
例えば広島での被爆した人では急性白血病で46倍、慢性白血病で186倍の発生率でした。
・ウィルス
成人T細胞白血病(HTLV-1)によるものやバーキットリンパ腫(EBウイルス)によるものがあげられます。
・抗癌剤
一部の抗癌剤では使用後に副作用があり、それによって白血病が発症することがあります(二次性白血病といいます)。
・遺伝
白血病と遺伝の関係は明らかではないのですが、一部の染色体異常を伴う先天性疾患で、白血病の合併があるといわれており、実際にあるようです。
・化学薬品
ベンゼンなどの一部の化学物質に暴露された場合白血病になる頻度が高いとされています。

白血病とは「血液のがん」といわれています。 血液内には赤血球と白血球と血小板の3種類の血球と血漿によって作られています。 血球は骨髄の中で作られるのですが、白血病になると血球を作る細胞である造血幹細胞が骨髄の中でがんとなり、無制限に増殖していく病気のことを言います。 慢性白血病慢性期には特に症状がないので、健康診断や血液検査で発見される場合が多いのです。 しかし病気が進行すると、急性白血病と同様の症状があらわれることもあります。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.