内科求人ランキング

呼吸器内科医の求人

呼吸器内科医とは

呼吸器内科医は気管支・肺・胸膜(肋膜)・呼吸などの病気などを専門的に診る医師です。 咳がなかなか止まらない・咳をするとゼーゼーいう・歩いたり坂道を登ると息が切れる・胸が痛い・痰に血が混じる・寝ている時にいびきがひどい・寝ている時に息がとまる・レントゲンで影があるなどの症状の時は呼吸器内科の出番になります。 呼吸器内科では主に肺機能検査・気管支鏡検査・胸部CT、胸部MR検査・胸部エコー検査・ポリソムノグラフィーなどを行って病気かどうかを診断します。 身近な病気だと風邪・上気道炎・急性気管支炎・肺炎・気管支喘息などですが、肺気腫・慢性気管支炎・肺がん・塵肺・間質性肺炎など幅広く「呼吸」に関する病気を扱います。 呼吸器内科医の求人を探す場合は、その病院ごとでどういう病気を扱ったことがあるのかも注意しましょう。 呼吸器と循環器がごっちゃになる人がたまにいますが、呼吸器は「鼻腔・咽頭・喉頭・気管・気管支・肺からなる空気の通り道」を扱い、循環器は心臓・血管・リンパ管・リンパ節・扁桃・虫垂・脾臓・腎臓・胸腺骨髄など血液を体内で循環させる器官」を扱います。 全然違うので診察を受ける場合は気をつけてください。

主な扱う病気など

・肺がん
肺に発生する悪性の腫瘍のことをいいます。 気管・気管支・細気管支あるいは末梢肺の癌のことを指します。 主な原因は喫煙によるものですが、放射線・遺伝性感受性・ウイルスも原因だと言われています。 また、アスベストも原因になることがありますが、家庭内の受動喫煙に比べるとそこまで影響はないそうです。

・肺炎
肺の炎症性疾患で急性感染症ともいわれています。 ウイルス性肺炎・細菌性肺炎・マイコプラズマ肺炎・機械的肺炎など種類は様々です。 喫煙・クラミジア・真菌・原虫・寄生虫が原因の場合もあるので、受診する場合は原因をしっかり聞くようにしましょう。

・肺結核
結核は結核菌によって引き起こされる感染症のことを指します。 明治初期までは労咳と呼ばれていて「不治の病」「難病」とされていました。 現在でも多くの人がなってしまう病気の一つです。 肺結核は全身がだるくなったり、食欲がわかなくなったり、体重が減少したり、37℃前後の微熱が長期間にわたって続いたり、就寝中に大量の汗をかいたりします。 病気の進行が進むにつれて発症してきます。

・インフルエンザ
インフルエンザウイルスによる急性の感染症で高熱と共に筋肉痛になったりと風邪のような症状です。 また、急性脳症や二次感染により死亡してしまうこともある侮ってはいけない病気です。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.