内科求人ランキング

認定内科医の求人

認定内科医とは

認定内科医とは総合内科専門医のことを指します。(正式名称は日本内科学会認定内科専門医) 内科医としての広い知識と練磨された技能を備えている、優れた臨床医を社会に送り込み、人々が高い水準の医学や治療を受けられるように貢献しなくてはいけません。 日本内科学会が行う試験に合格しないとこの資格は貰えず、受験するためには同学会の認定内科医試験を合格している必要があります。 試験を受ける際、呼吸器・循環器・消化器・血液・内分泌・大社・神経内科全ての診療要約を50症例と外科手術に回った症例とそれによって亡くなった症例の診療要約を各数ずつ前もって提出して審査を通らなければいけません。 合格率は80%〜90%で、落ちる医師も少なくありません。 試験内容は多岐にわたりますが、基本的に内科は分野別に日々仕事をしていますし、内容も日々更新されていきますので、全てにおいて万遍ない知識が求められます。 内科の全ての分野を研修しないと診療要約が提出できないので受験できない人もいます。 内科認定医に合格して2年以上の研修経て、ようやく専門医の受験資格が得られます。 ここで新たに20症例の診療要約が必要になります。 当然、専門医試験では認定医試験に比べて高い水準が要求されます。 知識だけでなく、患者さまにどういう風な対応をしているかなどの試験も出題されます。 内科医師の13人に1人以下しか持っていないような専門医資格であり、かなり厳しい試験に合格しているということになります。 そうした資格をもっている医師は知識的にも一定以上の水準を持っていると考えられるので、どこの医療施設に行っても中核を担うことができます。 もし厳しい資格をくぐりぬけて認定内科医の資格を持っているのならば、より条件の良い医療施設へ転職できるかもしれないので探してみましょう。

医師がよく目指している資格

専門的に治療にあたっていたことが証明することができますし、自分の専門を証明する資格でもあるので、取得を目指す医師が多いと言われています。 多くの医師は自分が専門に治療を行っている病気に関する学会に所属しています。 学会に所属することで、最新の治療技術や希少な病気の情報を共有できるようになるからです。 専門医を持っている・いないで優秀かどうかが決まるわけではありませんが、学会が認めるだけの臨床経験と知識があるということは保証されますので、目指す医師が多いのもわかるような気がします。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.