内科求人ランキング

神経内科医の求人

神経内科医とは

神経内科は脳やせき髄、神経や筋肉の病気を専門に治療する科です。 身体を動かしたり、考えたり覚えたりが出来なくなった時になどの受診します。 神経内科で診た後、骨や関節の病気によってしびれたり麻痺したりしていたら整形外科へ、手術が必要な場合は脳神経外科へ、精神的な物は神経科へと橋渡しをします。 神経内科というと精神科、精神神経科、神経科、心療内科などと間違えられますがこれらは全て気分の変化による病気(うつ病など)や精神的な問題を扱う科です。 心療内科は精神的な問題により身体に異常が出てきた時の病気を扱います。 神経内科はこういった科とは異なり、精神的な面からではなく、脳・脊髄・神経・筋肉の病気で身体が不自由になるような病気を専門とします。 もし神経内科を専門に扱っているのでしたら神経内科を扱っている病院の求人を探してみても良いかもしれません。

どんな症状を扱う科か

・頭の痛み
繰り返し起こる頭痛や急に激しい頭痛に見舞われたりしたら神経内科に行ってみましょう。 緊急に治療しないといけない場合もありますので、ただの頭痛と侮らないように。
・物忘れ
年をとれば誰もがそうなる物忘れ。 しかし同年代の人よりも物忘れが多い場合は神経内科を受診した方がいいかもしれません。 物忘れはアルツハイマーや脳梗塞まで幅広く原因がある場合もありますし 治療すれば治るものもあります。
・痺れ
手や足が痺れるというのは運動の障害による脱力(正座をしていて足先の血のめぐりが悪くなった時など)なんかが原因の場合もありますが、脳梗塞や脳腫瘍でも痺れる場合はあります。 背骨が変形していたり、手足の先の神経が傷んでいても痺れます。 いつまで経ってもしびれが止まらない人なんかは神経内科にいくべきです。
・眩暈
眩暈には耳の奥の内耳の異常が原因の物もありますが、脳梗塞や脳腫瘍など脳自体が原因でくる眩暈もあります。 頻繁に眩暈をしていて不安な場合は神経内科で危険な眩暈かどうか診てもらいましょう。
・ひきつけ、痙攣
筋肉がぴくぴくする痙攣や足がつるという痙攣の時、ひどいものだと手足を突っ張って倒れ泡を吹くてんかんなどがあります。 てんかんや筋肉、神経の病気の場合があるので神経内科を受診しましょう。
・意識障害
意識がなんとなくぼんやりしている、すぐに寝てしまって起こしてもなかなか起きないなんかの症状が起こった時は意識障害かもしれません。 脳の病気だったりもしますし、その他の病気だったとしても緊急で対処しなければいけない場合もありますから早めに病院へ行きましょう。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.