内科求人ランキング

総合内科医の求人

総合内科医とは

総合内科医とは内科や外科などの隔てが無く、外来患者も入院患者も総合的に診ることのできる医師のことを指します。
内科であれば消化器科・循環器科・呼吸器科でもなんでも診ることができます。
医者は常に勉強をしつづけなければいけないものですが、特にあらゆる方面の知識を蓄え・勉強しなければいけない医者といえるでしょう。
どの専門科に診てもらったらよいのかわからない患者が初診でかかれる科といえます。
しかし現在では自分の専門とする分野以外は取り扱わないという医者も多くいるので総合的に診ることのできる総合内科医は減りつつあります。
内科総合医は基本的にどの内科の病気についても受け持つ科なので、求人情報を探す時も総合的に診る科がある大き目の病院などを探すとよいでしょう。
何故なら診察した際にもし専門治療が必要な病気だった場合などに専門の科へ患者さんを導きやすいからです。 特に中小病院は経営が難しくなってきているので大型の病院を探す方が病院自体がなくなってしまうとい危険から少し回避できるかと思います。
しかし大型の病院は医者や看護師の数が足りないとされていますので、36時間労働で倒れてしまう医者がいたりもします。
転職する際には自分が希望する条件で交渉できるようなところを頑張って見つけ出しましょう。

日本の病院の減少

現在、日本の病院数が著しく減ってきています。
最も多かった時(1990年)で10,096施設ありました、その後は減少傾向をたどり2008年になると8,794まで減りました。
ピーク時と比べると約13%の減少がみられるのです。
病床の規模別に見てみても、99床以下の中小病院の割合は1990年に45.0%だったものが2008年になると38.0%にも減少しました。
149床以下のくくりでも1990年に60.9%だったものが2008年には54.3%に減少しているのです。
どういうことなのかというと病院の規模が大きくなっているからです。
今では中小病院ほど経営が厳しいと言われているので、今後更に病院の全体数が減っていくことでしょう。
よって大規模病院が残る可能性が高いと指摘されています。
しかし日本の病院は病床数は多いのに医師や看護師の数が足りず過酷な労働をしているのが問題になっています。
それに加え病院を利用する患者の割合が非常に多いのです。
お年寄り同士が病院の待合室を交流の場にしているのは悪いことではないとは思いますが、予約患者が溢れる中、いきなり外来できた重病を患っている患者さんが診察に来たとしてもなかなか診察の順番が巡ってこないのではないか、との懸念がされているのです。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.