内科求人ランキング

腫瘍内科医の求人

腫瘍内科とは

腫瘍内科医とは消化器がん(食道がん・胃がん・大腸がん・肝臓がん・胆管がん・膵臓がんなど)・呼吸器がん(肺がんなど)などを化学療法(薬物を使った療法)を中心とした専門診療を行う科です。 内科なので『ガンに対する武器』が基本的に抗癌剤だけです。 勿論、前立腺ガンや乳ガンなどはホルモン剤を使うこともありますが、唯一ともいえる武器は『抗癌剤』のみなのです。 外科であれば手術という方法もとれますが、内科を専門としていますので抗癌剤の方が詳しいのです。 腫瘍内科がもけられている病院は数が少ないようですから、求人情報を探す際にはよく病院を検索してみましょう。

がん治療について

腫瘍内科医がいなかった時代は外科医が教科書を片手に抗癌剤治療をしていました。
そのため外科医でたとえ片手間で抗癌剤治療を行っている医者は手術と抗癌剤の療法をあわせた治療体系をかんがえることができます。
しかし中にはその片手間の勉強を嫌がり、外科本来の仕事である手術のみで治療する外科医もいます。
そういう外科医はがんに対して「何が何でも手術一本で治療を行おう」という姿勢になってしまい、過大手術になるということがないこともないのです。
患者さんのためにと思ってやっていたとしても、結局は患者さんのためにはなっていないのが悲しい現実です。
手術に絶対的な自信をもちすぎるあまり、再発がんに対してするべきでない手術までしてしまうことが起こりえるのだそうです。
再発がんに関しては「このケースには絶対に手術をすべきだ」「このケースには手術をしない方がトクだ」などの線引きや基準はありません。
手術が可能な胃がんや肺がんなどは絶対に手術を行うほうがよいというのは誰しもわかっているのですが、再発がんとなると線引きがハッキリとはできないのです。
しかし『手術もできなくはないがリスクが高すぎる、それならば抗癌剤治療の方が長生きできそうだ』という場合や「延命治療として抗癌剤治療はできるが、手術をすれば延命ではなく根治(病気が根元から完全に治ること)する確率が高い』だったらどちらかに偏って治療しても良いと思います。
逆に抗癌剤治療だけを勉強して、抗癌剤治療のみしか行わないというのも長い目で見るとあまり良くないように思えます。 抗癌剤にはその高い効果故に副作用があります。
抗癌剤治療をしている患者さん全てに副作用がついてまわるというのを肝に銘じておかなければいけません。
ある一定の科だけで治療を進めるのではなくあらゆる科が協力してがんに立ち向かえられればいいのですが、日本だと医療費的にもそうそううまくいきません。
偏ることなくがん治療に向きあうには外科を10年くらい経験し、放射線治療の経験もつんだ後、その専門医になるべきだとある医師は言っていました。
視野が狭ければその病気に対する対抗策がひとつしかないことになってしまいます。
一番いいのは両立させられることなのですが、時間がとてもかかってしまいます。
あらゆる科が協力して病気に立ち向かえるようになるとよいですね。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 内科求人ランキング All Rights Reserved.