内科求人ランキング

老年内科の医師求人

超高齢化社会の進展に伴い、ますます需要が高まっているのが老年内科です。老年内科は老人内科や高齢者内科と呼ばれることもあり、主として65歳以上のシニアの患者さんを対象に診療を行います。

老年内科は平成20年4月に実施された「医療機関の標榜診療科名の見直し」によって、診療科目として公示できるようになった、比較的新しい診療科です。しかし、高齢化が進んでいるため、老年内科外来を設ける総合病院や、老齢内科専門のクリニック、高齢者の療養型病院などが急増しており、求人も豊富です。

高齢になるにつれて、複数の病気を抱える人が増えてきます。高齢者にはさまざまな合併症を発症している人も多いですし、現れる症状が病気によるものなのか、加齢に伴う身体機能の低下によるものなのかが見分けにくいケースも少なくありません。このため症状は患者さんによってさまざまですし、複数の病態を抱えるなど複雑になりやすいため、総合的な知識が求められる診療科です。また、高齢者が快適に暮らせるようにQOLにも気を配った対応が求められ、包括的な医療サービスを提供する必要があります。

今後ますます高齢者が増加する見込みですから、老年内科からの求人件数もさらに増加すると考えられます。報酬面はそれほど高額というわけではありませんがその分、勤務日数や勤務時間などの条件で融通が利きやすいのが特徴です。これまでハードな診療科で心身ともに疲弊している方や、介護や子育てといった家庭の事情でフルタイムで働くのが困難な方に適しているといえるでしょう。

老年病内科外来や、療養型病院での病棟勤務など、働く場所によって就業条件などが異なるので、自分の希望した条件を満たす病院を探すことが転職を成功させる秘訣です。老年病内科では、複数の病気を抱える患者さんが多いため総合的な判断が求められますから、経験豊富なベテラン医師を求める病院も少なくありません。このため定年退職した内科医に対するニーズが高く、退職後の再就職先としても最適です。

社団法人日本老年医学会では、成人病と老年病に関して専門的な知識と技術を有する医師を認定する、老年病専門医制度を設けています。今後、老年内科で活躍していくなら、老年病専門の認定を受けるのもいいでしょう。老年病専門医の認定は、老年医学の指導者がいると認定された医療機関で訓練を受け、筆記試験に合格すると取得できます。2017年5月現在、1,415名の医師が老年病専門医として活躍しています。

内科医求人サイトランキング!最新の人気NO.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
>>「看護師」の方で内科の求人をお探しならコチラ<<

TOP

内科医の基礎知識

科目別の内科医求人

内科系の医師転職・求人

条件別の内科医求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 内科求人ランキング All Rights Reserved.